注目キーワード
  1. ASMR
  2. VOD
  3. SEO

WEB広告のプロが語る|副業ブロガーとして今後稼ぐ方法を伝授

 

どーも、わたきゅうです。

 

このブログでも何度かお話していますが、筆者のわたきゅうは広告代理店に勤務しています。

 

そのなかでも現在はデジタルマーケティング、、、Googleアドセンスの収益源であるリスティング広告やブログで稼ぐには成果報酬型広告のアフィリエイト広告なんかを上手く活用して、クライアントの売り上げを伸ばすお手伝いをしています。

 

自分でいうのもなんですが、ウェブ広告においてはプロフェッショナルというわけです。

 

そんなわたきゅうが最近肌で感じているのは、ブログで稼ぐのは今後難しくなるということです。

不可能になるわけではありません。ただ、難易度は間違いなく上がります。

 

以前はブログで稼ぐのはそう難しくはありませんでした。

Googleの検索結果順位を決定するアルゴリズムの仕組みは甘く、アフィリエイト色の強いブログでも他人の文章をパクったブログでも、はたまた素人が書いた信憑性のない記事でも検索結果画面の上位に表示されることがありました。

 

でも、今はもう違います。

 

世界中の優秀なエンジニアが集められ、ユーザーにとって本当に役立つ情報を提供する検索エンジンを追求した結果、最早私欲に塗れた記事や信頼性のない記事が人目に触れことは少なくなっているんです。

 

ならユーザー目線で役立つ記事を頑張って増やせばいいだけじゃないかと思う方、正解ですがコンテンツの評価軸なんて結局のところブラックボックスなので狙ってそれを成功させるのは難しいと思います。

 

そしてそれに加え、今はブロガーを苦しめる要素が3つあります

 

今回の記事ではその3つの要素について解説した後、あくまで持論ではありますが、この記事を読んでくれた方が今後ブログで稼ぐためにはどうすべきなのかについても言及できればと思います。

 

それではまず、なぜブログで今後稼ぐことが難しくなるか、詳細をお話していきます。

 

増え続ける参入者問題

 

Googleで何か検索した際に、検索結果画面の1ページ目で表示されるコンテンツ数を知っているでしょうか。

答えは10件です。そしてユーザーの殆どは1ページ目に表示されるコンテンツにのみアクセスをし、2ページ目以降に遷移することは殆どありません。

 

Googleの検索アルゴリズムが優れているため、1ページ以内でユーザーの求めるコンテンツを提供することが出来るからです。

 

つまり、ブログで稼ぐためには検索結果の1ページ目に表示することはマストであり、そのためにたった10枠を争って毎日大量のコンテンツが世界中からインターネット上に投稿されているのです。

 

恐ろしいほどの激戦だと思いませんか??

 

ビジネスの世界では自社の事業領域にライバルが入ってこないよう参入障壁を形成することが一般的です。

ブランディングを意識したり、安く生産出来るよう企業努力を重ねたりすることで。

 

なぜ新規参入を阻むかと言えば、ユーザーには限りがあるからです。

ホールケーキ1つに対して食べたい人が沢山いたら一人当たりの取り分が少なくなってしまいます。

世の中の企業は自分がお腹いっぱいケーキが食べれるように、他人にケーキが簡単に行き渡らない工夫をするのです。

 

ですが、ブログの世界では常にライバルがやって来ます。

そして一般的なビジネスのように参入障壁を築くことは難しいです。

 

なぜなら上述の通り、コンテンツの評価基準が不明瞭だからです。

基準が分からなければ自分のコンテンツの強みも分からず、何をより改善すべきかも分かりません。

 

それ故に次から次へとライバルは参入してきます。

自分のコンテンツはきっと検索結果の上位に表示されるだろうと妄信しながら。

 

時間が経つほどライバルが増え続ける市場というのは、一般論に当てはめれば先行き厳しい市場と言えるでしょう。

 

リスティング広告の限界

皆さんはGoogleアドセンスの収入源って何だか知っていますか?

掲載されている広告がクリックされていることで報酬が発生してるのは勿論ご存知ですよね。

そしてこれも当たり前ですが、報酬の基は広告主が出稿した広告費です。

 

ここで1つウェブ広告の専門用語をお教えします。

ウェブサイト上に表示されるバナーやブラウザの検索結果画面に表示される広告を総称して「リスティング広告」と呼びます。このリスティング広告がGoogleの収益源の1つであり、Googleアドセンスの報酬源でもあります。

 

さて、このリスティング広告ですが、クリックされた分しか料金を支払う必要がないという手軽さがウケてここ10年程でかなり売り上げを伸ばしてきました。

ですが、成長はいつか頭打ちになるもの。リスティング広告を実施中、もしくは実施したことがある企業が殆どになりリスティング広告の成長率は鈍化しています。

 

そこでGoogleは自社の売上拡大を見据えて、別の商品を売り出すことに舵を切りました。

それが「YouTube広告」です。

 

これまでウェブ広告にブランディングの役割はあまり期待されてきませんでした。

テレビや新聞、雑誌といったマスメディアの方が適していると考えられていたからです。

 

しかし、最近YouTubeの媒体価値は向上しており、ブランディング目的での広告利用はかなり増加しています。

そんな動きを加味してか、GoogleはYouTube広告に期待をかけ、広告枠の販売に力を入れているように感じます。

 

この動きによってブロガーにどんな影響が出るか分かりますか?

それはアドセンスにおけるクリック単価の低下です。

 

クリック単価が低下する理由は2つあります。

1つ目はYouTube上のコンテンツをより充実させるため、YouTubeへの投資が積極的になると考えられるからです。

例えば、YouTuberへの広告報酬を値上げすることでよりコンテンツを拡充していったりですね。

 

ここをケチれば、動画投稿主は他の動画サイトに流れてしまう可能性があります。

魅力的な動画投稿主が消えればユーザーもそれに合わせて去ってしまう可能性があります。

今後の収益の柱へと成長させたいYouTubeがそんな状況に陥ることがないよう、YouTubeは今以上の広告収入をYouTuberに支払う可能性があると考えています。

 

それがどうアドセンスのクリック単価低下へと繋がるか。

それはYouTuberへの広告収入の値上げが、リスティング広告収入から出るかもしれないためです。

正直、有益なコンテンツが飽和状態になっているブラウザ上では特に広告収入を上げる必要性もなく、むしろ減らされる可能性があります。

 

もう1つは、広告主がYouTube広告に力を入れ始めるからです。

 

正直、Googleの広告プロダクトのクオリティは素晴らしいものが多いため、YouTube広告を試してみようとする広告主は結構いるんじゃないかなと思います。

 

とはいえ、広告主の予算も無限ではありません。

特にYouTube広告を実施するのであればまとまった金額が必要であるため、その分リスティング広告への予算を削るというのは今後増えてくるはずです。

 

そうなれば、上述の通りリスティング広告はアドセンスの報酬源であるため、報酬の減少は免れることは出来ないと思います。

 

ITPによるアフィリエイトへの影響

ここ数年アフィリエイト業界を騒がせているITP。

この間ITP2.1がリリースされたかと思いきや、今度は2.2の実施です。なんてこったい。

 

ちなみにITPが分からない人向けに説明しておきますと、ブラウザの1種であるsafariにおいてcookieが短期間(ITP2.2であれば1日)で削除されてしまうというものです。

 

これがなぜアフィリエイト業界に影響するかというと、safariユーザーはアフィリエイトリンクをクリックしてから1日以内に購入しないとアフィリエイト報酬が発生しなくなってしまうからです。

 

商品にもよりますが、広告をクリックして即購入するユーザーって殆どいないのが実情です。

商品を認知して、何日か検討期間をおいて購入するケースが多いんです。

つまり、これまでと比較して報酬が発生する条件が厳しくなってしまうんですねー。

 

勿論アフィリエイトASP側も対策をとろうとはしていますが、対策してはITPがアップデートしてのイタチごっことなっているため、今後状況が劇的に改善されることはないと思っています。

 

この現状を鑑みると、正直アフィリエイトで新規参入して稼ごうとするのはナンセンスだと結論づけることが出来るでしょう。

 

さて、ここまで3つの理由を挙げて今後ブログで稼ぐことが難しくなると説明をしてきましたが、あくまで難しくなるだけで不可能でなるわけでは決してありません。

 

次項から今後ブログで稼ぎたければ、どういった戦略を取るべきかについてお話をしていきます。

 

今後ブログで稼ぐにはどうしたらいいか①

さて、どんどん状況が厳しくなるブログ界において、しっかりと稼ぐためにどうすべきか持論を語っていきます。

方法は2つあると思っていて、まず1つが「アドセンス特化型部ブログ」にすることです。

 

つまるところ、広告のクリックにより発生する報酬をメインとするブログの形式です。

このブログを実現するにあたってはPV数を集めることが最優先になります。

 

なぜならアドセンスのクリック単価は数円~数十円程度であるため、まともな稼ぎを得るためにはとにかくクリックしてもらう必要があり、そのためにはPV数を稼ぐ必要があるわけです。

 

ここで読者の方が気になるのはPV数を稼ぐ方法でしょう。方法は下記3つです。

①BIGKWで掲載順位上位につける

②最新のトレンド情報(新発売の商品や人気出始めの芸能人等)をとにかく発信する

③Twitterでバズる

 

おすすめ、というか誰でも出来るのは②の「トレンド情報」の発信だと思います。

なぜトレンド情報がおすすめかというと、単純にライバルが少ないからです。

 

上述した通り、検索結果に表示されるコンテンツ枠のうち、アクセスが期待できるのは1ページ目までです。

ですが、ライバルが多ければ多いほど1ページ目に表示するのは至難の業です。

 

PV数を稼ぐ方法として挙げたうちの1つである「BIGKWで掲載順位上位につける」というのは、例えば「ディズニーランド」や「ポケモン」といった定常的に沢山の検索数が予測されるKWで検索結果画面の1ページ目に表示するという意味であり、そのライバル数を考えた時に圧倒的に難易度が高いことからおすすめしていないんです。

 

ライバルが少なく(時間が経てば増えてしまうが)、沢山の検索数が期待できる「トレンド情報の発信」はPV数を比較的簡単に稼げる唯一の方法だと思います。

 

今後ブログで稼ぐにはどうしたらいいか②

 

もう1つの方法が企業案件です。

例えばあなたのブログが健康食品の専門ブログでそこそこPV数がある場合、健康食品メーカーからお金を払うからブログでうちの商品を紹介して欲しいと依頼が来たりします。

これが企業案件です。

 

この額っていうのが結構えげつなくてですね、ブログから話が逸れてしまいますがユーチューバーに依頼する場合だと登録者数万人レベルであっても数十万円はします。

 

登録者数万人レベルのユーチューバーがリーチ出来る範囲ってせいぜい数千から数万人なので、ブロガーの場合でも1記事でこれぐらいのPV数を集めることが出来るようになれば数十万円の案件が来ると思っていいと思います。

 

こう考えた時にやはり重要なのはPV数であることが分りますね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

空前の副業ブームである今、ブログで稼ごうと考える人は多いと思います。

そんな方々の参考に少しでもなれば幸いです。

 

ちなみにYouTubeで稼ぐ方法も紹介しているので興味があれば是非どうぞ。

関連記事  【今からでも間に合う】YouTubeで稼ぐために絶対やるべきこと

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村