注目キーワード
  1. ASMR
  2. VOD
  3. SEO

ビタミン毎の働きと食べ物まとめ|コンビニでビタミンを摂れる食材10選

 

どーも、わたきゅうです。

 

しっかりと栄養の摂れた食事をすることは現代日本人にとってなかなかの難題ですよね。

 

そこで不足しているビタミンを簡単に摂取できるよう、各ビタミンが含まれるコンビニ食材をまとめました。

不足しがちなビタミンを自分でチェックして必要な食材を手軽に買い足しましょう。

関連記事  野菜の栄養を最も効率的に摂取出来る調理法は?|野菜10種類を徹底解説
関連記事  楽して痩せたきゃこれ食べろ!|低カロリーで満腹になれる食べ物10選
広告

ビタミンAを摂れる食材

 

ビタミンAの働き:ビタミンAの主要な成分であるレチノールには、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。また、レチノールは、視細胞での光刺激反応に関与するロドプシンという物資の合成に必要なため、薄暗いところで視力を保つ働きもあります。最近ではレチノールが上皮細胞で発癌物質の効果を軽減するといわれています。(https://www.tyojyu.or.jp/より引用)

 

ビタミンAはどういった食材に多く含まれているのでしょうか。

ビタミンAはレバーや卵黄、ニンジン、小松菜といった食材に多く含まれています。

 

なんだかコンビニにはあまり並んでいない気がするラインナップですね(笑)

でも実はあるんです。

 

それがこちら!

 

蒸し鶏と小松菜のポン酢和え(FamilyMart)

 

上記の通り、小松菜はビタミンAを豊富に含んだ食材です。

その小松菜を蒸した鶏肉とポン酢で和えたサッパリヘルシーな惣菜です。

 

FamilyMartで税込み178円で購入できます!

 

味付けタマゴ(LAWSON)

 

続いて卵黄を摂りたいならこちら。LAWSONの味付けタマゴ。

ビタミンAを多く含む卵黄だけでなく、ビタミンB2を含む白身も一緒に摂れちゃいます。

 

お値段は税込み85円とかなりお安いので、いつものランチにプラスワンはいかがでしょうか。

 

ビタミンB1を摂れる食材

 

ビタミンB1の働き:ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています。
(https://www.glico.co.jp/より引用)
もう少し噛み砕いて説明すると、人の体内で糖質がエネルギーに変わるのをお手伝いする役割があるということですね。
ビタミンB1が不足すると乳酸という疲労物質が溜まりやすくなってしまうので、元気に過ごすには必須の栄養素です。
ではビタミンB1はどういった食材に含まれているのでしょうか。
答えは豚肉や豆類に多く含まれています。
ではどういったコンビニ食材で豚肉や豆を摂取することが出来るのでしょうか。

豚ロース生姜焼き(セブンイレブン)

豚肉料理といえば生姜焼きでしょう。
コンビニ各社で豚肉を使用した惣菜を販売してはいますが、パックごとレンジで温めればすぐにクオリティの高い生姜焼きが食べれるとの噂を耳にしたのでこちらをピックアップ。
税込み278円で販売しております。

やさい豆(LAWSON)

ビタミンB1を多く含む大豆をふんだんに使用したやさい豆。
大豆意外にもニンジンや昆布といった食材も含んでいるため1つで多くの栄養素が摂れるでしょう。
お値段は税込み160円です。

ビタミンC摂れる食材

 

ビタミンCの働き:ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。(https://www.glico.co.jp/より引用)
一番よく耳にする栄養素かもしれませんね、ビタミンCは。
健康的に皮膚を維持するために役立つのは勿論、様々な病気の予防にも役立つ栄養素であるビタミンCは柑橘系の果物(レモンやミカン等)やブロッコリーに多く含まれています。
さらにビタミンCは水に溶けやすく熱に弱い性質を持つため、しっかり摂取するにはなるべく加工を挟まずに生で食べた方がよかったりします。
この条件を満たしている食材がこちらです。

vita+レッドグレープフルーツカップ(コンビニ各社)

新鮮なレッドグレープフルーツを収穫後すぐにシロップ漬けすることでフレッシュな食感を残しているvita+。
シロップにビタミンCが溶けてしまっている可能性はあるものの、グレープフルーツに絡めて食べれば問題なし!
実は他にもバレンシアオレンジをシロップ漬けにしたものもあるので、お好みでそちらもどうぞ。

むかん(コンビニ各社)

 

冷凍ミカンの「むかん」です。既に皮が向かれた状態で冷凍されているので皮を剥く必要がありません。

新鮮なミカンを冷凍しているため、しっかりとビタミンCが摂取できるはず。

 

アイスコーナーに置かれていることが多いので、探してみて下さい。

 

ビタミンDを摂れる食材

 

ビタミンDの働き:ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。(https://www.glico.co.jp/より引用)
身体を内側から支える骨を丈夫に維持する役割を果たすビタミンD。
豊富に含まれる食材は他の栄養素と比較すると限られており、魚類やキノコ類が該当します。
コンビニ食材で摂取するには次の商品がおすすめ。

銀鮭の塩焼き(セブンイレブン)

魚類のなかでも鮭はビタミンDの含有量が多いです。
セブンイレブンの銀鮭の塩焼きならレンジでチンするだけで食卓に脂の乗った鮭が並びます。
お値段は税込みで300円ぽっきりです。

ローストきのこのサラダ(セブンイレブン)

きのこメインのサラダです。販売は首都圏のみなので入手できる方は限られますが、税込み399円でキノコをたっぷり摂取できるので見かけた方は是非どうぞ。

ビタミンEを摂れる食材

ビタミンEの働き:抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。(https://www.glico.co.jp/より引用)
抗酸化作用がある点でビタミンCと若干効果が似ているビタミンEはナッツ類やウナギ、タラコに多く含まれています。
これらが使用されたコンビニ食材は次の通り。

7種類の味を楽しめるミックスナッツ(セブンイレブン)

アーモンドやピーナッツといった5種類のナッツが含まれているため飽きずに食べれます。
また、個包装されているため家族や友人とシェアもしやすくなっています。

スモークたらこ(LAWSON)

燻製になったタラコです。ビタミンDを多く含むタラコをがっつり摂取出来ます。
おつまみにもピッタリなので、酒の肴を今日だけこれに変えてみるのもいいかもしれませんね。
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村