スポンサーリンク

Lancers(ランサーズ)の登録方法から業務発注までの流れを解説

スポンサーリンク
How to
スポンサーリンク

どーも、わたきゅうです。

 

今日はですね、日本最大級のクラウドソーシングサイトの「Lancers(ランサーズ)」の登録方法から実際に業務を発注するまでの手順をまとめました。

 

使い方次第では、安価に業務効率化を実現可能なので是非最後まで読んでもらえればと思います。

ランサーズのwebサイトはこちら→【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

 

スポンサーリンク

1、クラウドソーシングって何?

 

まずは、「クラウドソーシング」ってなんぞや?という段階からスタートします。

wikipediaによれば、クラウドソーシングは以下の通り。

 

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。

(wikipediaより引用)

 

んー、これだと少し分かりづらいですかね。

簡単に言えば、世界規模で法人個人問わず自由に様々な仕事の発注・受注が出来る仕組みといった感じですかね。

 

で、仕事の発注・受注が出来る場所がこれから紹介する「ランサーズ」をはじめとしたクラウドソーシングサイトというわけです。

 

個人で仕事を受注することが容易であるため、フリーランスで活動する人が仕事を探す場として利用されています。

また、発注者にとっても、個人に依頼することでコストを抑えることが出来る場合が少なくないため、次から次へと新しい仕事が発注され続けています。

 

2、「Lancers(ランサーズ)」って何?

 

「Lancers(ランサーズ)」は日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

仕事の発注件数は、140万件を超え、総額1130億円以上の仕事が発注されています。

発注することが出来るカテゴリは、141カテゴリもあります。

以下はその一例になります。

 

・Webシステム開発
・スマホアプリ開発・ホームページ制作・ロゴ作成

・イラスト制作

・記事制作、ライティング 、、、etc

 

敷居の低いライティングから高度な専門知識が必要になるスマホアプリ開発まで発注することが可能です。

日本最大級のクラウドソーシングサイトであるが故に、受注側においても多種多様なスキルを保有するユーザーを抱えているランサーズだからこその特徴ですね。

 

3、作業を外注するメリット

 

作業なんて全部自社内で完結させればいいやと思っている方がいるとすれば、それは非常に勿体ないです。

限られたリソースは有効に活用しなくてはなりません。

 

自社内で実施している作業であっても費用対効果に見合わないのであれば、プロに外注するというのは重要な戦略です。

そこで浮いたリソースを他の分野に投下することでこそパフォーマンスの最大化を図ることが出来るのではないでしょうか。

 

ランサーズであれば、フリーランスの個人に対しても発注をかけることが出来るため、法人に依頼する場合よりもコストを抑えることが出来る場合が多くあります。

是非上手く活用していきましょう。

 

4、登録から発注するまでの流れ

①基本情報を登録しよう

ランサーズのウェブサイトへいくと新規会員登録ボタンがあるので押してみましょう。

すると、上の画像のようなページに遷移するかと思います。

必要な情報を入力して「会員登録する」のボタンをクリックしましょう。

そこまで出来たら登録したメールアドレス宛てにランサーズからメールが届いているはずなので確認しましょう。

届いていれば、メールに記載されたURLをクリックして登録を完了しましょう!

 

②詳細情報を入力しよう

 

登録が完了すると、詳細情報の入力を求められます。

全て入力が必要になるのでしっかり埋めてください。

「依頼したい仕事」や「予算」に関しては、いざ仕事を発注する際にその都度入力を求められるため、適当に入力しておけば大丈夫です!

終わったら「詳細情報入力を完了する」ボタンをクリックしましょう。

 

③仕事の進め方を選ぼう

 

詳細情報の入力が完了すると、上記の画像の画面に遷移します。

これは一番右の「自分で仕事を掲載して募集する」でOKです。

 

④依頼をしてみよう

さて、いよいよ仕事の発注です。

まずは、発注したい仕事のカテゴリを選択しましょう。

カテゴリは粒度別に大カテゴリ、中カテゴリ、小カテゴリと3つありますが、全てしっかり選択しておきましょう。受注してもらえる可能性に大きく関わってきます。

 

カテゴリの選択を終えたら、次は「仕事方式」を選びます。

上の画像はシステム開発の発注をする場合のもので、他のカテゴリを選択すると表示される仕事方式が変わってきます。

仕事方式には、以下の種類があります。

依頼にあった形式を選択しましょう。

 

 

次は発注する仕事の名前や目的を入力していきます。

ここを正確に入力することで受注側との認識のズレを防ぐことが出来ます。

ネットを介しての取引になるので、双方納得のいく取引をするためにも意思疎通を図ることは大切です。

 

 

さあ最後は支払い方法や目安予算の入力です。

支払い方式の「時間報酬制」「固定報酬制」についてはリンクを参考にしてください。

 

予算については相場が分からず、なかなか決めづらいという場合もあるかと思います。

そういった時には同じカテゴリで既に発注されている依頼を参考に決めるといいかと思います!

この入力が終われば後は内容を確認して投稿するだけ!

あっという間ですね♪

5、まとめ

 

非常に簡単に作業を外注することが出来る「ランサーズ」。

社内で費用対効果に見合わない作業や人的リソースが足りずに着手することが出来ていない作業があれば是非活用してみてはいかがでしょうか。

 

それでは!

コメント

  1. はじめまして。ランキングから来ました。
    ランサーズに登録する時に受注も発注の設定もできて仕事の進め方を選べるのは魅力的ですね。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村