注目キーワード
  1. ASMR
  2. VOD
  3. SEO

絶対に眠れないあなたに|カフェインが多く含まれる飲料ランキングTOP10

 

人には誰でも絶対に眠ってはいけない瞬間があります。

 

それは一夜漬けで挑むテストの前であったり、深夜の運転中だったり、雪山で遭難しかけている時だったり人によって様々でしょう。

 

ですが、眠ってしまったらどれだけ危機的な状況であったとしても、睡眠は生理現象であるため睡魔から逃れることは出来ません。

 

そう、武器を持たなければ。

 

この世には今にも気を失いそうなくらいに眠気を感じている人を覚醒させてしまうすごい成分があるんです。

それが皆さんご存知のカフェイン。一般的にコーヒーの成分として知られていますよね。

 

ではカフェインが一体なぜ、覚醒作用があるのか知っているでしょうか。

カフェインは人間の神経を落ち着かせる働きを持つアデノシンの作用を防ぎ、代わりに神経を刺激する働きをするのです。

 

それによって人は心拍数・血圧が上昇し、覚醒状態へと入るわけですね。

なんだかワンピースのルフィが使う必殺技「ギアセカンド」を思い出します。

 

話が逸れましたが、簡単にまとめるとカフェインは人間を無理やり覚醒させる働きがあるんですね。

そして今回の記事では絶対に眠れないあなたのために、日本で手に入るカフェイン含有量の多い飲料TOP10を紹介していきます。

 

それでは早速紹介していきましょう。

 

広告

第10位 コーラ:150mlあたりカフェイン15mg

 

別段眠気を覚ましてくれるイメージがないコーラですが、実は結構な量のカフェインが入っております。

そこまで眠気が強くない状態であれば、とりあえずコーラを飲んで様子を見てもいいかもしれません。

 

炭酸のシュワシュワによる刺激も目覚ましとして役立つかもしれませんね。

 

 

第8位 紅茶:150mlあたりカフェイン30mg

 

第8位は150mlあたりのカフェイン含有量が30㎎で2つの飲料が並びました。

そのうちの1つが紅茶です。

 

覚醒を促すというよりは、リラックスを促すイメージの方が強かったため、個人的にはコーラに引き続き意外な印象を受けました。

 

余談ですが、イギリス人の嗜みであるアフタヌーンティーはついお昼寝してしまいがちな昼下がりにしっかり目を覚まして楽しもうという考えが共感を産んで流行ったらしいですよ、多分

 

第8位 ウーロン茶:150mlあたりカフェイン30mg

 

同率8位にランクインしたもう1つはウーロン茶です。

 

油モノと一緒に食べると油分を洗い流してくれるため、口の中をリセットしながら食事が出来る優れものですが、実は眠気覚ましとしても役に立つのです。

 

第6位 ココア:150mlあたりカフェイン45mg

 

第6位も150mlあたりのカフェイン含有量が45㎎の飲料が2つ存在するため同率6位が2つになります。

1つは甘くて美味しいココア。

 

紅茶同様、ホットココアを飲むと心も身体もリラックスが出来てよく眠れそうですが、実は比較的多量のカフェインが含まれているのです。

 

第6位 抹茶:150mlあたりカフェイン45mg

 

ここまでお茶類がよくランクインしていますね。

カフェインといえばコーヒーのイメージでしたがそんなこともないのでしょうか。

 

ところで、筆者としては抹茶ってすぐ飲めるカタチで販売されているイメージはないんですよね。

水に溶かせばすぐ飲めるものが売ってたりするんでしょうか。

 

第5位 モンスターエナジー:150mlあたりカフェイン60㎎

大人気のエナジードリンクのモンスターエナジーがここにランクイン。

デザインがオシャレでカッコいいですよね。

 

様々なフレーバーを発売することで有名まモンスターエナジーですが、実はどのフレーバーでもカフェインの含有量は同じだったりします。

安心して自分の好きなフレーバーを選びましょう。

 

第4位 レッドブル:150mlあたりカフェイン65mg

 

レッドブルが4位にランクイン。

レッドブルとモンスターエナジーは何かと比較されがちですが、眠気覚ましの役割としてはレッドブルの方が効果があるんです、、、と言いたいところですが、実はレッドブルは缶のサイズによって150mlあたりのカフェイン含有量が異なるのです。

 

150mlあたりカフェイン65mgというのは一番小さいサイズの185ml缶に限った話であり、その他のサイズでは150mlあたり48mg程度であるため、必ずしもレッドブルの方が優れているともいえなかったりします。

 

自分の眠気と相談して缶のサイズを選びましょう。

 

第3位 リポビタンD:150mlあたりカフェイン75mg

 

ここからがTOP3の発表になります。

3位はリポビタンD。風邪をひいていても飲めば元気が出るだけありますね!

 

、、、あれ?もしかしてあの元気ってカフェインで無理矢理覚醒状態になっているだけでは、、、?

これからは風邪をひいても栄養ドリンクに頼らずにしっかりと寝ようと思います。

 

第2位 コーヒー:150mlあたりカフェイン100mg

 

ここまで来たら1位かと思いきや、2位がコーヒーでした。

それでもカフェインの含有量はエナジードリンクや栄養ドリンクと大きく差があります。

 

絶対に眠れない状況に立たされた時はコーヒーをがぶ飲みして踏ん張りましょう。

 

インスタントコーヒーであれば安価に量を作ることが出来ますからね!

ただ、飲みすぎには注意ですよ!

 

第1位 玉露:150mlあたりカフェイン180mg

 

第1位に輝いたのは玉露でした。

結果を見る限りダントツでの優勝になりますね。

 

カフェイン量だけ聞くとイメージが掴みづらいと思いますが、モンスターエナジー3本分と考えるとかなりの量であることが分るかと思います。

 

どうしても、絶対に、何があっても眠れない時のお供は玉露で決定でしょう!

 

まとめ

 

この記事を読んだあなたなら自分の眠気と相談して最適な飲料を選ぶことが出来るはず、、、!

 

一方でカフェインは摂取し過ぎるとデメリットもある諸刃の剣です。

あまり頼りすぎないようにしましょうね!

 

それでは次の記事でお会いしましょう!

 

関連記事  喫煙者だけど健康でいたい|タバコを吸うあなたにおすすめ食材を紹介

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村