注目キーワード
  1. ASMR
  2. VOD
  3. SEO

赤ちゃんの腸内環境を整えるオリゴ糖|小さなお子様も利用可能

この記事を読んで得する人
・お子さんの腸内環境を心配している親御さん



どーも、わたきゅうです。

 

今回紹介するのは、赤ちゃんや小さなお子様の腸内環境を整えるための専用食品です。

赤ちゃんや小さいお子様は大人と比べて筋力が弱いですからね。

排便がうまくいかずに便秘になってしまうことも少なくはありません。

 

そんな辛い状態から我が子を救うためには、この商品を使うのが一番だと思います。

 

その名も「おこさま用カイテキオリゴ」です。


 

名前の通り、オリゴ糖を粉末状にした食品です。

まず、なぜ腸内環境の改善にオリゴ糖が役立つのかについて解説していきましょう。

 

お腹に優しい菌として有名なビフィズス菌はご存知でしょうか?

腸内に生息し、悪玉菌を退治して腸内環境を守ってくれる働きもの、それがビフィズス菌です。

ヨーグルトなんかのパッケージに「○○億のビフィズス菌」と記載されていることも多いので名前は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

ビフィズス菌とオリゴ糖が一体何の関係があるのか。

結論からお伝えすると、オリゴ糖はビフィズス菌の餌になるのです。

つまり、オリゴ糖を摂取することでビフィズス菌が活性化するわけですね。

 

なら、ヨーグルトとか直接ビフィズス菌が摂取できる食べ物の方が体に良いじゃんと思うかもしれません。

しかし残念ながら経口摂取しても体内に付着しづらいんです。

 

そのため、体内にいるビフィズス菌をオリゴ糖を用いて育てる方が理にかなっているというわけです。

ちなみに離乳食が始まったばかりのお子様は母乳やミルクで摂取していたオリゴ糖が摂取できなくなってしまいがちなので、この時期のお子さんを持つ親御さんは特に注意してお子さんの腸内環境を見守る必要がありますね。

 

さて、オリゴ糖を摂取することで腸内環境の改善に繋がる理由は分かって頂けたかと思います。

ここからはオリゴ糖のなかでも「おこさま用カイテキオリゴ」が一押しである理由をお伝えします。




ビフィズス菌はオリゴ糖を餌として摂取すると前述しましたが、実はビフィズス菌にはいくつか種類があり、なんでもいいからオリゴ糖を与えれば腸内環境を改善してくれるというわけではないのです。

 

それを証明するのが下の円グラフ。同じビフィズス菌という名前でもその種類は子どもと大人の体内で大きく異なります。

そしてこのビフィズス菌の種類によって好きなオリゴ糖、嫌いなオリゴ糖があるのです。

 

 

「おこさま用カイテキオリゴ」では子どもの体内に生息するビフィズス菌の好みに合わせた配合をしているため、腸内環境の改善に非常に役に立つというわけです。

 

余談ですが、ビフィズス菌は種類によって生息する箇所も違ってきます。実は腸内全体にいるわけじゃないんです。

「おこさま用カイテキオリゴ」ではそこを加味したうえで、しっかりと目当てのビフィズス菌が生息する箇所に届くような配合をしているため安心してお使いいただけます。

 

ここまで徹底して赤ちゃんや小さいお子さんの腸内環境改善のために開発された「おこさま用カイテキオリゴ」。

原材料についても低カロリーで離乳食や飲み物に混ぜやすい味になっています。

 

さて、ここで気になるのはお値段。一体おいくらでしょうか??

 

結論からお伝えすると、1か月分2,554円(税別)で購入することが出来ます。

1日あたりに換算すると約85円ですね。

 

この値段をどう受け止めるかは人それぞれでしょうが、我が子の健康を1日85円で手に入れることが出来るのであれば安いぐらいだなーと個人的には思ってしまいます。

 

アフターサービスも非常に充実しています。

購入者の疑問に対して無料で健康管理士と専任アドバイザーが回答してくれるのです。

「どれぐらいが適量なの?」「どんな食べさせ方がいいの?」といった素朴な疑問にもすぐに回答がもらえます。

 

さらに購入して利用した結果、品質に満足出来ない場合「全額返金保証」もあります。

なのであまり気負いすぎずに始めてみてもいいんじゃないでしょうか。


 

我が子の健康を守るのは親御さんの使命ですからね。できることはしていきましょう。

それでは次の記事でお会いしましょう。

 

関連記事  子ども用サプリメントを紹介|小さなサプリで抜群の栄養補給
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村